リサイクルをしないとどうなる

この記事をシェアする
B!

どんな取り組みがされているのか

ゴミを出さないための3R

天然資源の枯渇を防ぐためにどういう取り組みがされているのか。まずは3Rというものについて紹介します。
3Rとは資源から作られたものの物持ちを良くすることによって、廃棄物の発生抑制をするリデュース、使用済みの製品を回収して、然るべき処理をした後に同じ製品として再生させるリユース、そしてゴミとなった製品を原材料レベルまで戻してから再生させるリサイクルの3つの作業を指します。
それぞれ例を挙げると、リデュースがものを大切に長く扱うことで廃棄物の発生を抑えること、リユースはガラス容器をお店に返せば、お店できれいにした上で再利用してくれます。リサイクルは、前述のリサイクルをマテリアルリサイクルといい、発生したエネルギーを別の用途に使うサーマルリサイクルの2つに分類されます。

身の回りで出来る取り組み

私達は身の回りでどれだけ3Rを実践することが出来るのかを考えてみましょう。
買い物をするとき、お店のビニール袋を使うとそれがゴミになってしまいます。買い物の際にマイバッグを持参するようになるとゴミの発生を抑えることが可能です。最近では、マイバッグ持参で2,3円の値引きをしてくれるお店も珍しくはないですよね。
その他にも再生品を使用するようにしたり、マイボトルやマイ箸を持ち歩いてペットボトルや割り箸の使用を控える方法があります。
また、電化製品のスイッチをこまめに切ったり、クールビズやウォームビズでエアコンの設定温度を調整したりなどで二酸化炭素の発生を抑えるなどの、省エネ対策もぜひ実践してみてください。